新製品情報~ベイトキャストショートロッド~


昔のバスロッド

バスロッドとしては今時珍しくなった6ft未満のショートロッド。

昔はカーボンが重たかったため、バスロッドは短くなければ振りづらい事情がありました。

バスロッドといえば6ft前後が主流。

6.6ftはバスロッドの中ではロングロッドの分類でした。

現在では、カーボンの進化と共にロッドも長尺化し7ftが当たり前の世界になりました。

しかし、この長尺化はバスロッドに求められている性質として本当に正しいことなのでしょうか?

バスロッドの本質とは何か?

なぜショートロッド?

インターシュートではバスロッドにはショートロッドが必要だと考えております。

また、ショートロッドの方がメリットがある場面があると考えております。

なぜか?

ショートロッドの方が

  1. キャスティング精度が飛躍的に向上する
  2. フッキングのときにパワーロスが少ない
  3. 邪魔にならない
  4. 軽い

などです。

それでは、一つ一つ説明していきましょう。

バスロッドに求められるキャスティングの精度について

ブラックバス、ここではラージマウスバス(フロリダバス)を前提にお話を進めていきます。

ブラックバスは障害物などの物陰やその周りをテリトリーとして行動します。

回遊といってもある一定の範囲を回るだけで、青物やシーバスの回遊とは比較にならないほど狭い範囲です。

したがって、ブラックバスを釣る際には障害物や地形変化に向かってバスロッドを振ることになります。

その分、思ったところに正確にルアーを撃つ必要があり、バスロッドにはキャスティングの精度が求められるのは必然です。

なぜバスロッドではショートレングスの方が精度が上がるのか?

  1. ブランクス(カーボン)のねじれ誤差が少ない
  2. グリップからルアーまでの距離が近いため、キャスト感覚が正確
  3. スイング速度が安定する

以上の3点が主に考えられるメリットです。

長ければ長いほど、カーボンのねじれが大きくなるためキャストブレも大きくなる可能性があります。

手元からルアーまでの距離(リールシートから竿先まで距離)が長いほど、人の感覚が曖昧になる可能性があります。

短い方がスイング速度が安定するため、飛距離と弾道が安定する傾向になります。

バスロッドだけではなく、全てのロッドに言えることだとインターシュートは考えております。

フッキングパワー

バスロッドに求められる重要な要素としてフッキングパワーがあります。 この点については非常に単純です。

同程度のパワーであれば、ブランクスが長いほど曲がる部分がクッションになりパワーロスに繋がります。

ロングロッドでフッキングパワーを上げるにはブランクスに使うカーボンを多く使用し、強度を上げなければなりません。

したがって、バスロッドのフッキングパワーを上げるためにロッドが重たくなり、使用感が損なわれる可能性あります。

短いバスロッドの方がパワーロスが少なく、軽く強いロッドにできる期待が出てきます。

ショートロッドの方が軽く、邪魔にならないという点は言うまでもありません。

新製品① Spot & Jark チタンSiCガイドモデル A35 B58M-ti8

製品名:スポットアンドジャーク

全長:5’8’’、バットジョイント方式、仕舞140cm

ガイド:富士工業チタンフレームSiCガイドモデル、T-KWSG12、10、8、7、6、6、6、T-KGST6、合計8個

グリップ:TCS17SD、サポートナット付き、EVAグリップ一本物、グリップ長26.5cm(リールシート下端から竿尻まで)

推奨ライン:PE1~2号(リーダー20~40LB)、ナイロン12~30LB、フロロ12~25LB

ルアー:推奨ルアー重量35gまで、Maxルアー重量55gまで、ただしアングラーの判断で55g以上のルアーも使用可能

販売価格:35,000円(税別)

用途:ミノーやシンキングペンシルのジャーキング、ボートシーバスプラッキング、ショートレンジのソフトベイト

写真1.グリップ全体

写真2.リールシート上ロゴ

写真3.バットジョイント

写真4.元ガイドT-KWSG12

写真5.先端ガイドT-KGST6、T-KWSG6

写真6.竿先

写真7.リール装着全体写真

写真8.ベンディングカーブ(500gペットボトル吊り下げ)

写真9.ベンディングカーブ(1Kgペットボトル吊り下げ)

新製品② Punchy Jark チタンSiCガイドモデル A60 B511H-ti8

製品名:パンシージャーク

全長:5’11’’、バットジョイント方式、仕舞145cm

ガイド:富士工業チタンフレームSiCガイドモデル、T-KWSG12、10、8、7、7、7、7、T-KGST7、合計8個

グリップ:PTS17、EVAグリップ一本物、グリップ長28cm(リールシート下端から竿尻まで)

推奨ライン:PE1~3号(リーダー20~60LB)、ナイロン16~30LB、フロロ16~25LB

ルアー:推奨ルアー重量60gまで、Maxルアー重量100gまで、ただしアングラーの判断で100g以上のルアーも使用可能

販売価格:35,000円(税別)

用途:50~100gのスイムベイト、ミノーやシンキングペンシルのジャーキング、ショートレンジのソフトベイト

写真10. グリップ全体

写真11. リールシート上ロゴ

写真12.バットジョイント

写真13.元ガイドT-KWSG12

写真14.先端ガイドT-KWSG7

写真15.竿先

写真16.リール装着全体写真

写真17.ベンディングカーブ(500gペットボトル吊り下げ)

写真18.ベンディングカーブ(1Kgペットボトル吊り下げ)

購入方法と問い合わせ先

1.店舗販売

弊社店舗にて販売しております。

お支払い方法は、現金またはOrigamiPayがご利用いただけます。

OrigamiPayは下記のリンクをご参照ください。

OrigamiPay

2.通信販売

FAXまたはEメールでご注文可能です。

書式はフリーです。

ご注文内容確認後、弊社から見積もり価格を返信いたします。

FAX番号:077-509-7669

Eメール:maki@intershoot.sakura.ne.jp

下記の問い合わせフォームからもご注文いただけます。

3.通販サイト

インターシュートのヤフーショッピング店舗からご購入いただけます。

こちらのマークをクリックしていただくと、弊社のヤフーショッピング店舗をご覧いただけます。

バスロッドにおけるショートロッドのメリットまとめ

ブラックバスをルアーを釣る際に昔ながらのショートロッドは非常に使いやすく、メリットも多いです。

バスロッドに求められる性能として、キャストの精度が挙げられます。

正確に思ったところへルアーをキャストすれば、ブラックバスをキャッチする確率がグンと上がることでしょう。

また、キャストの際にもフッキングの際にもねじれやパワーロスが少ないことも重要なポイントです。

①スポットアンドジャーク

  • ミノー、シンキングペンシルのジャーキング
  • テキサス、フリーリグのピンポイント撃ち

②パンシージャーク

  • 50~100g程度のスイムベイトでランガン
  • ラバージグ、テキサス、フリーリグのピンポイント撃ち

例えば、このような使用方法でインターシュートのショートレングスバスロッドの良さを感じていただけると思います。

気楽にご来店、お問い合わせいただけましたら気になる点にお答えさせていただきます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

インターシュート 代表 牧征樹


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA